気楽に書こう!1記事のおすすめ文字数を紹介

・webライティング・ブログで丁度良い文字数が知りたい
・どれくらいの文字数が初心者におすすめ?

このような悩みや疑問を解決する記事を書きました。

webライティングの1記事あたりのおすすめ文字数は2000〜4000文字です。

今回は、なぜ2000〜4000文字がおすすめするのかを詳しく解説しているのでぜひ最後までみてください。

かずくんえっちゃん

こんにちは!かずくん&えっちゃんです!
夫婦でwebライター&ブロガーしています。
500記事以上執筆&ディレクター経験多数
場所・時間問わず文章で生活しています!

1記事の文字数は2000〜4000文字がおすすめ!

1記事の文字数は2000〜4000文字がおすすめです。

理由は以下の通り。

・構成を作成しやすい
・あまり疲れることなく記事を書ける
・修正箇所が少ない
・SEOで検索上位が狙える

 上記のような理由から2000〜4000文字の記事を書くようにしています。

では詳しく解説します。

構成を作成しやすい

まず理由として構成を作成しやすいことがあげられます。

2000〜4000文字であれば、構成で見出しが2〜5個ぐらいに収まるため、構成作成で時間をかけることもありません。

短い分、簡単に話の道筋を考えられるため、構成を作成しやすいと感じています。

もし2000文字よりも文字数が小さければ、構成を作成する時間が手間になり、余計に時間がかかります。

例えば、構成作成のリサーチなどで5〜8記事を参考に構成を作成する際、1000文字と2000文字でもリサーチの時間はほとんど変わりません。

そのため、構成作成も1000と2000文字でほとんど変わらないため、2000文字の記事の方が作業時間的に効率的です。

あまり疲れることなく記事を書ける

2000文字〜4000文字の場合は、あまり疲れることなく記事を書けます。

執筆スピードが1時間1000文字で考えると2〜4時間ほどの作業時間で記事を作成できますよね。

ポモドーロ・テクニック(25分作業・5休憩のインターバル)を利用すれば、4〜8往復すれば記事が完成するので、あまり疲れることなく記事を書けます。

ちなみに5000文字以上の記事を書く場合もありますが、その場合は少なくとも5〜6時間は、記事執筆しないといけないので疲れることが多いです。

5000文字以上を必要とする記事は、大抵の場合、質も重視される記事が多く、深く考えながら記事を作成していかなければいけません。

そのため、2000〜4000文字が心地良い疲労で取り組めるかと思います。

修正箇所が少ない

2000〜4000文字の場合は、すぐに記事全体を把握できて修正箇所が少ないです。

2000〜4000文字なら修正箇所も数えるほど。

過去に記事の修正依頼が多かったなと感じるものでも5〜7箇所ぐらいで修正作業に時間をかけることもほとんどありません。

そのため、早くに記事を完成できるのも2000〜4000文字の魅力といえます。

SEOで検索上位が狙える

SEOで検索上位が狙えることも理由も一つです。

ジャンルや記事のキーワードにもよりますが、ターゲットを絞った記事の場合は2000〜4000文字でも検索上位が十分に狙えます。

文字は多いに越したことはありません。

しかし、読者の検索意図に沿った記事をしっかり書く方が、文字数よりも最も重要です。

そのため、2000〜4000文字でも丁寧に質の良い記事を心がければ、検索上位を狙えます。

まとめ:初心者は2000文字から始めよう

今回は、1記事の文字数はどれくらいがおすすめなのかを解説しました。

1記事の理想的な文字数は、2000〜4000文字です。

2000〜4000文字であれば、あまり挫折することなく、継続して記事作成に取り組めるでしょう。

私たちは、月5万円を達成してもらうために月5万円を目指すwebライティング講座を行なっています。

よかったら見てみてくださいね⏬

スポンサードリンク
>webライティング講座をやっています!

webライティング講座をやっています!

副業やフリーランスで少しずつ稼ぐ力を身につけたい方におすすめです

CTR IMG
PAGE TOP