どれくらい費用を抑えられる?アパートで同棲を始めるメリットを紹介!

スポンサードリンク

・同棲のメリットが知りたい
・同棲する理由がわからない
・おすすめの間取りが知りたい
・予算が気になる

付き合っているカップルであれば同棲(同居)をしたいと考えるのは普通のことでしょう。

最近では結婚の前に同棲をするカップルが増えてきましたよね。

実はアパートでの同棲はさまざまなメリットが存在します。

同棲のメリットを知ることでなかなか恋人と会えず、忙しい日々を過ごしているカップルはすぐに同棲したくなるでしょう。

アパートで同棲を始めるメリットとは?

お金の負担がなくなる

特に若いカップルであれば将来のお金をどう貯めていくのか考えていくと必ず同棲の話にはなるでしょう。

毎週のデート代・家賃・移動費などを考えれば「一人暮らしより同棲した方がいろんな負担がなくなるよね」という結論に至ります。

例えばこんな感じの計算になります。

一人暮らしの場合(合計:5万7000円)
・毎月の家賃:5万円
・毎月のデート代:5000円
・お家デートをした場合の移動費:2000円

二人で同棲した場合(合計:7万3000円(一人当たり3万6500円))
・毎月の家賃:7万円(一人当たり3万5000円)
・毎月のデート代:3000円
・お家デートをした場合の移動費:0円

僕たちの場合、家賃だけで考えるとどちらも家賃5万円(二人で10万円)の一人暮らしカップルより家賃7万円の二人暮らしカップルの方が毎月の負担は少なくなりました。

また毎回相手の家に行くまでの交通費やデート代も同棲していれば出費が大幅に減らされて、家デートの時間が長くなったのです。

同棲したことでお金の負担がなくなるのは大きなメリットになります。

広くて良い物件に住める

次に良い物件に住めることもメリットとして上げられます。

一人暮らしのときは1DKでも十分だと思いますが、2人の場合はそうではなくなるため広い部屋を探す方が多いでしょう。

「アパートを広くしたら値段が上がるのか心配」と感じるかもしれませんが、2人で折半して払うのであれば負担も下げられるのであまり心配することはないでしょう。

「今は同棲しながら貯金をしていきたい」と考えているのであれば、1DKから少しランクを上げて1LDKにしても良いです。

「部屋数を増やしたい」と考えているなら1DKから2LDKの部屋に住めば二人暮らしでも余裕を持って過ごすことができるでしょう。

いずれにせよ、一人暮らしで住んでいた頃よりも2人の方が部屋を広々と使うことができるので大きなメリットといえます。

2人でいられる時間が長くなる

同棲をすれば朝から晩までずっと二人で過ごすことができます。

そのため、2人でいられる時間は長くなる方が大半でしょう。

デートに向かうときも2人で用意するので遅刻することもありませんし、会えなくて彼女を悲しませることもありません。

僕らの場合は平日も会社帰りにわざわざ彼女のアパートに向かって会っていたので同棲できたときに喜んでいました。

週に何回も会っているカップルや離れ離れでなかなか会えないカップルにおすすめです。

何か起こったとしても安心

同棲すると仕事で疲れて何もできないときや残業になってどうしても家事が間に合わない場合は恋人に頼むこともできます。

また女性の場合は生理で思い通りに家事ができないこともありますよね。

たまに体調が悪くなったり、彼氏に何か家事をやってもらいたいことが発生する方もいるのではないでしょうか。

男性はあまり感じることはありませんが、女性にとっては大きな問題です。

そんなときでも同棲して理解のある恋人が家にいれば介抱してもらったり、家事もしてもらえます。

また部屋に虫がいたり、地震や近くで変な事件が起こったとしても恋人がいるので安心できるのは同棲のメリットといえます。

虫(笑)

なにより同棲は結婚へ進むために必要!

多くの方が考えているのは同棲は結婚へ進むために必要な大きなメリットなのではないでしょうか。

同棲をするためには必ず両親の協力が必要になります。

親に同意を得て引っ越しも手伝ってもらわないと同棲はできません。

しかし、結婚を前提とした同棲を始めると自分も相手も結婚について更に考えるようになり、確実に結婚の話もしやすくなるため同棲は結婚に進むために必要であり、大きなメリットなのです。

同棲におすすめの間取りを紹介

おすすめの間取りとしては1LDK〜2LDKの部屋であれば十分に過ごせます。

あまりものを持たないのであれば『1LDK』がおすすめ!

「ミニマリスト」って言葉を耳にしたことはないでしょうか?

ものをあまり持たずに最小限の持ち物だけで丁寧な暮らしを実践する人たちのことです。

このような考えを持った考えのカップルであれば1DK〜1LDKでも十分でしょう。

1LDKであれば、少し大きめのベッドかソファーを置くことができる広さはありますし、物を持たない二人であれば何も不満を持つことなく過ごせます。

結婚後も同じ場所に住むことを検討しているなら『2DK』or『2LDK』!

結婚後も同棲している場所に住み続けたいという場合は、2DKか2LDKがおすすめです。

2DKであれば一部屋が寝室&物置でもう一部屋がメインで使うリビングにすることができますよね。

2LDKであれば、一部屋を寝室・もう一部屋を物置きや作業部屋で更にキッチンとリビングの部屋にするなど様々な使い方ができるのではないでしょうか。

実際、僕たちは2LDKで生活していますが、「少し広いな」と感じることが多く、少しだけスペースを持て余しています。笑

在宅ワーカーの方であれば2LDKぐらいが丁度良いかと!

どれくらいの家賃を検討するべき?

これは難しいことだと思いますが、はっきりとした金額は出せませんが、検討する際は片方の収入の3割以内の家賃にしておくことをおすすめします。

実際収入の3割以内にしておくと将来的に奥さんに子どもができて働けなくなった場合やどちらかが仕事を辞めて過ごさなければならない期間ができたときでも安心です。

「片方が家賃を余裕持って払えるかた何かあっても大丈夫」というように心の余裕ができるので精神的に安定した生活が送れるでしょう。

同棲を始める前にかかる初期費用

同棲を始める前にかかる初期費用は僕たちの場合だと30万円ほどでした。

家具や礼金・敷金がかかるところだったので少しだけお金が必要でしたが、彼女が一人暮らしをしていたので家具はあまりお金をかけずにすみました。

30万円〜50万円ほどあれば十分かと思います。

まとめ

同棲は何かとお金がかかるものです。特にどちらも一人暮らしをしたことがないと何を買えばいいのか・賃貸のどんなところに注意するべきなのかということも初めてなので戸惑うことがあるかと思います。

ですが、丁寧に一つ一つのことをお互いに相談しながら考えておけば同棲もあまりお金をかけずに始めることができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
>ペア恋チャンネルでは、Youtubeも更新しています!

ペア恋チャンネルでは、Youtubeも更新しています!

多くの方に恋愛系の話題を提供したいという思いで私たちのYoutubeも始めました。良かったらチャンネル登録お願いいたします!

CTR IMG
PAGE TOP